北信州 楠わいなりー

シャルドネ2011


ワイン研究とぶどう栽培に権威のあるアデレード大学大学院で
醸造学と栽培学を学んだ楠茂幸さんが2011年に新設したワイナリー。
自身が生まれ育った須坂市で、農業経験ゼロからのワイン造りをスタートし、
初ビンテージのリリースから5年にも関わらず、審査会では赤ワイン、白ワインともに入賞。
確かな知識と技術に基づいた、高品質なワインは多方面から注目を集めています。






須坂市日滝原を中心に広がる楠ワイナリーのぶどう畑。水はけの良い扇状地、岩石の多いガラ地で日照時間が長いこと。そして栽培期間中の降水量が少なく、1日の寒暖の差が大きいという気候。まさにワイン作りに最適な土地といえます。オーナーの楠茂幸さんが新規就農者として農業に従事したのは2004年のこと。まさにゼロからの出発でした。しかし「何も先入観がないからこそ、学んできたこと、日々学ぶことを素直にやれる」と楠さんは語ります。













地域にワイナリーができると、そこは自然と観光拠点になります。楠さんは須坂市地域力創造ブランド化促進事業認定第1号。楠わいなりーではワイン用ぶどうの収穫を組み込んだグリーンツーリズムを実施しています。ぶどう畑で作業をした後は、バーベキュー。ワイナリーの大地に包まれているような心地よい旅の形です。

SHOP INFORMATION
住所 須坂市大字亀倉123-1
電話 026-214-8568
営業時間 10〜16時
休み 不定休
4商品 1-4表示
4商品 1-4表示

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。