たてしなップル

りんご好きを唸らせる立科町の完熟りんご。たてしなップルでは、この地で育ったりんごの美味しさをぎゅっと詰め込んださまざまなりんご加工品をお届けしています。

立科の「太陽」と「水」と「土」のおくりもの

りんご

信州立科町は北に浅間山、南に蓼科山を望む、標高700mの丘陵地。古くは中山道芦田宿として栄えましたが、現在では観光地や農業地として知られています。一日の温度差が大きく、冷涼・寡雨の気候はりんご栽培に最適な条件を満たしています。そこで育ったりんごは、甘さと酸味のバランスの取れた美味しさに加え、整腸効果、抗酸化作用があるとされるアップルペクチンが豊富に含まれています。糖度が高く、硬質で重量があるのが特徴。そして蜜がたっぷりと入っています。

人に地球にやさしい農業を

りんご農園

「たてしなップル」というネーミングは「たてしな(立科町)のアップル(リンゴ)」にこだわった商品づくりをしているから。「たてしなップル」では、生産者の情熱を注がれて育ったリンゴを原料に、様々な加工品を製造販売しています。立科町の豊かな自然の恵みに感謝しながら、農業は減農薬や還元肥料を推進。近隣農家とも協力し、より安全で美味しいりんご栽培を目指しています。

1商品 1-1表示
1商品 1-1表示

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。